たてもの園1

公園の奥に江戸東京たてもの園があり
平成5年に両国にある江戸東京博物館の別館として
歴史的に価値ある建物を移築、復元してあります。
e0121110_13513821.jpg

         入り口から入場料を払い
       エントランス広場に出ると、右に行こうか左にしようか
          ボランティアの方に聞いて、
       まずは左側は山の手通りというのにピッタリの家が並んでいます。
        一番めにつくのは
e0121110_13574130.jpg

         三井財閥の三井同属11族の総領家 三井八郎右衛門のお屋敷
           戦災で焼失したため、財閥解体後
         麻布に1952年(昭和27年)に建築。
e0121110_1432717.jpg

             絢爛豪華  
          各部屋には明治期の丸山四条派の画家が描いた襖絵が
            はめ込まれていて 凄いです。
            客間の床の間は金箔が・・目がくらくら
            照明器具も各部屋夫々趣きがある。
e0121110_14101155.jpg

         ベットの枠は普通の飾りかと思いましたら
              三井と・・
           台所はレストランの厨房かと思う位広いです。
          昭和27年と言えば戦後7年の頃は日本もまだ貧しい。
           三井家の総領家としては財閥解体されても、
          格式 面子などなどで、この位の家は必要なのでしょう
         爺や 婆や 料理人 ・・・何人の使用人がいたのかな?
e0121110_14182815.jpg

          他人様のお宅を何軒かを見て周り、山の手通りの先には
                長閑な農村。
           来た道をエントランス広場へ戻り
          千と千尋の神隠しのロケに使われた下町通りへ。
[PR]

by yuyu-prin | 2010-04-05 14:27 | チョットおでかけ | Comments(6)

Commented by さざんか at 2010-04-05 15:20 x
小金井公園は、小学校の遠足で行った事があるような、無いような記憶がはっきりしませんが、自転車でまわるほど広いのですね。
財閥三井家のお屋敷はさすがに立派ですが、藁ぶきの農家も
庶民の生活の象徴として価値があります。子供の頃、田舎に
行くとよく見かけ、懐かしいです。
Commented by asanagi62 at 2010-04-05 15:48
こんにちは
ご無沙汰していました。
yuyuさんの写真の構図が素晴らしいのか、景色が豪快なのか(もちろん両方ですね)素晴らしい桜、素晴らしい建物、文化の中心はやはりどれも素晴らしいですね。
建物園、行って見たいですね。
Commented by humsum at 2010-04-06 05:23 x
おはようございます!!
たてもの園は、懐かしいです!!
昭和記念公園に行って、その帰りに寄ったものですから
時間がなくて..左右どちらかしか見る時間が
なくて..「右」にしました..
まだ、左側を見てなかったので、ラッキーでした..
三井八郎右衛門のお屋敷が最高ですね..
そのままの形を保存して居るのですから
たてもの園の意味がありますね..紹介!ありがとうございます!!

(花は、humsumクリックでお願いします!!)
Commented by yuyu-prin at 2010-04-06 22:23
さざんかさん
小金井公園に入るのは初めてでしたが、広いですね。
三井家はやはり庶民の家との違いは凄いですね。
上野にある岩崎邸も凄いよ。
Commented by yuyu-prin at 2010-04-06 22:26
asanagiさん
お久しぶりですね。
お疲れ様。
たてもの園はお金持ちの家から下町~農家まであって
楽しめます。
Commented by yuyu-prin at 2010-04-06 22:30
humsumさん
右側だけでしたか、左側は名前の通り山の手の家で、
ここでも格差社会。
お金持ちの家の中をみられてう~~ん納得してきました。
クリスマスローズが綺麗ですね。