古き良い建物2

e0121110_227932.jpg

      庇が長いのも意味があるようですね。

          お庭は驚くほど広くはありませんが

        応接間から見る庭とここで見る庭の雰囲気が違って

            もみじが色づき頃は綺麗でしょう

          庭師の力量が感じられて




e0121110_2272528.jpg


        大正8年(1919年)に建てられて

          関東大震災にもびくともしないし

          千駄木辺りは太平洋戦争の時も火災にあわず

           この邸宅には防空壕が地下にあって

           1年に一度公開されるようです。

           
e0121110_2273110.jpg


               ここは 2階の和室 窓の向こうには大きなしだれ桜

              春になるとここで花見

             絢爛豪華ではないけれど、調度品の細工などに見とれて

            思わず正座をしてゆったりした時間を楽しみ

           洋風も良いけれど和風造りの良さを感じられる。

                

              調度品やもろもろの物をすべて寄付され

               桃の節句。5月の節句など季節ごとに飾るようなので

               その頃にもう一度行って見たくなります。
[PR]

by yuyu-prin | 2012-11-05 22:34 | チョットおでかけ