日光田母沢御用邸

e0121110_15591002.jpg

        明治の実業家の別荘と紀州藩中屋敷を解体して移築し

        大正天皇の即位後、増改築されて、江戸・明治・大正集合建築ですが

         邸内に入ると廊下で繋がって、、外観から見るととは違い

         流石 御用邸  一部屋が広く違和感は感じない。

e0121110_15593505.jpg

        ビリヤード台


e0121110_15594460.jpg
           大正天皇はご病弱で長く御用邸に滞在したので

            謁見の間

e0121110_15595390.jpg

         長い廊下?の奥に3畳程の「けんじの間」  

       「けんじの間」 って何だろう と思い案内板を見て

          戦前までは天皇が一泊以上のご旅行で皇居を離れる時は

         侍従が「けんじ」を携えて随行しここに納める。

          三種の神器だね。 持っていくのは 剣と勾玉の二つだそうです。

e0121110_18152312.jpg

e0121110_15592714.jpg

      建物面積1360坪 部屋数 106室

      今生天皇陛下が学童疎開をした所  

      1947年まで 御用邸として使われていたが 、その後売られたり、解体しないで

       残って 一般公開され、見ることが出来てよかった。

          

[PR]

by yuyu-prin | 2017-11-04 22:36